前へ
次へ

鍼灸治療の時に用意した方がいい服装とは

鍼灸治療を実際に利用する時に用意した方がいい服装があります。鍼灸治療は鍼やお灸で皮膚を刺激していく事で治療をするので、皮膚が露出した状態にならないといけません。その為長袖の服やズボン等の場合はTシャツや短パンを用意しておく事で、施術の前に着替えれば、安心して施術を受けられます。夏場であれば、肌がある程度露出した状態の服装でそのまま、鍼灸院に行けばいいので、施術までのステップが簡単になります。仕事帰りに鍼灸治療を利用する方等を想定して、無料の施術用の着替えを用意している所もありますから、事前に鍼灸師の方に服装や着替えの用意があるのか等を確認した方が安心です。全身治療をする場合は、背中等にも施術が必要になるので、バスタオル等を使用しながら、鍼やお灸で健康な状態を目指していきます。また鍼灸院は予約制でサービスを提供している所も多いですから、初めて利用する時等は一度電話して予約の有無等を確認する事が大切です。

Page Top