前へ
次へ

鍼灸治療で使用する鍼

鍼灸治療ではツボを刺激します。このツボを刺激するには、鍼を刺します。鍼を刺すというと痛いイメージがありますが、鍼灸で用いる針はとても細く、注射針よりもかなり細いです。そのため注射針のような痛みはないです。鍼でツボを刺激するのが鍼灸治療です。使用する鍼は先端の形も注射針とは異なり丸くなっています。鍼灸治療では灸による治療も行います。体の内側から温めるのが灸による治療です。灸による治療では皮膚の上にもぐさを置きそこに火をつけます。熱を用いてツボを刺激するのがこの治療です。もぐさは大きさや硬さによって種類が異なります。鍼灸治療によって体の調子を整えて、免疫力を高めることに対する関心は高まっています。灸の治療は自分で行うことも可能です。こだわりの灸による治療を自分で行うこともできます。体の不調がある時は様々な方法を試してみることも大切です。体にあるツボを刺激する治療法によって、体の不調から脱するのはとても有益です。

Page Top